相続税の節税方法とは。 その1

相続税の節税方法とは。 その1

 相続税の節税方法においては、生前贈与において被相続人の財産そのものを減少させる方法ですが、一方、財産の評価自体を下げるという節税方法について説明しまう。 もっとも一般的な方法は、金銭を不動産に持ち帰るという方法です。具体的には、遊んでいる土地にアパートを建てると、評価額が大きく落ちるというものです。 というのも、金銭はもちろんもっている額そのものが相続税の課税対象になってしまうのですが、不動産の場合のその評価額が課税対象となるのです。一般に時価を10とした場合に、評価額は6、7割程度に設定されておりますので評価が落ちてしますので、かなり有利な節税法ということができます。 加えて同じ土地でも、更地の場合とアパートやマンションを建てた場合では、その評価額もまったく変わってきます。その理由としましては、更地が自由に使用できる状態であるのに対して、賃家の場合は不自由になる分、評価が下がる、ということです。

東京 風俗 求人

風俗 新宿

新宿でいい感じの店ありませんか?

デリヘル大阪クリック

高収入風俗の詳細はこちら!

ページ一覧

  • TOP
  • 相続税の節税方法とは。 その2
  • 節税対策の基本を知る ☆1★
  • 節税対策の基本を知る ☆2★